千葉県山岳連盟加盟, 船橋

KRC 嶮稜登高会

2013年 岩トレ(1回目)

期間: 2013年5月26日(日)

山域: 日立市 御岩山 電子国土 Web

参加者: 5名(+2名)

日 程

5月26日
京成勝田台 ― 圏央道,常磐道 ― 日立中央IC ― 御岩山
岩の上から
懸垂下降
五十八尺岩トップロープ1
五十八尺岩トップロープ2
天狗のぞき1
天狗のぞき2

装備詳細

共同
ザイル 50M×2本・45M×1本・他3本,バイル又はハンマー,ハーケン
個人
ザック,ハーネス,環付カラビナ,ATC,エイト環,ヌンチャク,ヘルメット,テープ類,クライミングシューズ,雨具,ペーパー,薬,温泉セット,ヘッテン,細引き

岩トレ報告 御岩山

5月26日

06:00 京成勝田台駅で3名が待ち合わせて車で現地に向かう.高速に乗ったあたりで少し雨がぱらつく.途中,美野里PAでもう一組を待っている間に朝ご飯.もう一組が到着して出発.途中,なぜか更に一組から「御岩山は茨城岳連の岩トレで混雑中」との情報が入る.そういえば,去年の5月最終日曜にも御岩山に行ったが茨城岳連がきていた.

08:50 駐車場着.車が一杯.準備をして岩に向かう.

09:20 山頂付近に到着するもやはり一杯.どうしようかと相談していると向こうから先着組がやってくる.ルート図(※1)で一番端の11番〈五十八尺岩〉に向かう.

09:44 五十八尺岩着.下部はやや湿っているが上部は問題なしということで,先着組も交えてここで懸垂下降の訓練を開始.懸垂下降の支点の取り方を指導してもらう.各自2本ずつ降りたところでトップロープでクライミング.ルート図 46 のルート.トップロープのビレイを指導してもらう.46 のルートはクラック沿いだが,中間地点あたりでスタンスを見失いしばらく立ち往生してしまう.次回の岩登りでは双眼鏡を持ってきて下から観察してもよさそう.Sさんの登るスピードは速くてさすがだ.たぶん,私に比べると視野が広く,広範囲を観察していると思われる.トップロープではロープが岩で擦れて,岩が真っ赤になっていた.

12:40 大休憩で昼食.先着組は撤収する.

14:00 ルート図8,9の〈天狗のぞき〉に移動して,上部からロープを下ろして,リード/フォロー・スタイルのフォローを模してクライミング.ルート図 38,39 のルート.フォローのビレイを指導してもらう.ここは五十八尺岩に比べると楽に登れた.使用できる残置支点がたくさんあったので,各自1本ずつ登ったところで私がリードで登らせてもらう.やはりリードの緊張感は素敵だ.面白かった (^^)

16:40 下山開始.途中,Uさんが足をひねってしまう.

17:20 下山.横川温泉に向かう.横川温泉 山田屋旅館(※2)で入浴.入浴料 500円 (他に中野屋旅館もあり)

常磐道友部SAにて夕食後解散.

参考:
※1 茨城県日立市 御岩山のロック・クライミング (水戸葵山岳会 佐藤敏雄)
※2 横川温泉 山田屋旅館
参加者のページ:
カブの山登り: 岩トレ 日立市 御岩山 25.5.26

[ 山行記録の一覧に戻る ]