千葉県山岳連盟加盟, 船橋

KRC 嶮稜登高会

2012 年 春山合宿 前穂高岳奥明神沢

期間: 2012年5月4~5日(前夜初)

山域: 北アルプス 穂高岳 電子国土 Web

参加者: 6名

春山合宿報告 前穂高岳奥明神沢

2012年の春山合宿は5月4~6日の予定で北アルプス,岳沢から奥明神沢-前穂高というコースでわたしにとっては初の北アルプスでの登山となった.4日に上高地から岳沢小屋まではいり5日に奥明神沢を登って前穂高岳ピストンの予定だったが,悪天候により敗退,というか奥明神沢に取り付くことすらなかった.この2012年のGW後半,我々が上高地から岳沢にはいった5月4日は後立山の白馬岳で6名,爺ヶ岳で1名,我々のいた岳沢のすぐそばの涸沢岳でも1名が低体温症で遭難死している.我々は稜線まで登ってはいないが,北アルプスがどのような状態だったかの記録として,少しだけ書いておく. なお,当日の天気図はウェブの北海道放送の専門天気図アーカイブなどを参照して欲しい.岳沢小屋の標高は2,170m.

岳沢を登る
雪上訓練
テント
岳沢小屋テン場
奥明神沢
岳沢から見た上高地

5月4日

09:03 に上高地バスターミナルについた段階で小雨が降っていた.バスターミナルで入山の準備を行う.出発時のわたしの格好は下は冬のズボンにビブ,上はシャツ代わりのメリノの薄いセーターに雨合羽.気温は測っていないがかなり高めで正直カッパは着たくない. 09:30 に登山道の入口についた段階ではまだ降ったり止んだりという状況で,カッパを脱ぐまでには至っていない.登り始めると雨が止み汗だくになった. 10:30 の1回目の休憩でカッパを脱ぐ.しかし,出発後,すぐに本降りに降り出してまたカッパを着るはめになった.

初めての残雪期の山で服装は迷いに迷ったのだが,わたしの選択は上記のようなものとなった.このほかに,ヒートテックのズボン下,フリースの上着,ブレスサーモの薄い靴下がザックのすぐ取り出せる場所にいれてあった.

残雪が現れ始め,ところにより完全凍結という登山道を登り,11時頃尾根というか岳沢の縁から雪に埋もれた沢筋にはいったが,この段階で雨は上がったり降ったりを繰り返し,降ってるときも日向雨で太陽が見えてるという忙しい天気だった.ただし,風はほとんどなく,沢筋の残雪の上にいても行動している限りはセーター一枚と雨合羽で寒いとは感じなかった.いや,やはり,むしろ暑いくらい.この後もう一回休憩して,12:45に岳沢小屋についたときは雨は本降りになっていた.

雨の中テントを張り終え,中でしばらく休憩していると小降りになった.14:40から1時間半ほど雪上訓練を行ったが,この間はほとんど降っていなかった.テントに帰ってきて休んでいると,外から「雪崩れてる」という声が聞こえてきたが,どの沢で起こっているのかはわからず.17時頃に飯の餃子鍋を作り始めたころには雨は再び本降りになって,今度は止むことがなかった.飯を食い終わったころにはフライにあたる音が雨から雪になったのがわかった.19:00に就寝.

5月5日

01時頃,小便に起きたのだが,フライに雪が積もっているので内側からバシバシはたいて雪を落とす.あいかわらず雪は降り続けている.積雪は5cmくらい.再び寝る.

04:00起床.再びフライの雪を払って表に出ると,もうほとんど降っていない.軽く降っているのは雪ではなく雨.積雪は10cm弱というところか.曇ってはいるが暗くなく,天気は回復すると思われた.

我々が登る予定だった奥明神沢は昨日の雨とその後の雪で

・表層の雪が滑り落ちやすくなっている
・弱層もしくは底面に昨日降った雨が流れて雪崩れる可能性も高い

とリーダーが判断した.異論を唱えるメンバーもなく,今日ステイしても明日は登らず下山しなければいけないということで,本日(5日)中の下山を決定した.

下山のみということでかなりのんびり片付け, 06:30にテント場発.この日もやはり気温は高かった.下山中に陽がさしてきて,08:20に登山口についたころには,上高地はとてもいい天気になっていた.ただし,山頂にはガスがかかっており,残念ながら上高地からの穂高は見えなかった.

参考:
北海道放送の専門天気図アーカイブ
参加者のページ:
カブの山登り: GW後半、はじめての上高地

[ 山行記録の一覧に戻る ]