千葉県山岳連盟加盟, 船橋

KRC 嶮稜登高会

2014年 春山合宿 後立山 爺ケ岳南尾根~鹿島槍ヶ岳

期間: 2014年5月3日(土)~5日(月)

山域: 後立山 電子国土 Web

参加者: 6名

春山合宿報告 爺ケ岳南尾根~鹿島槍ヶ岳

前夜 5月2日

22:00,勝田台集合 → 佐久平SAにて仮眠

1日目 5月3日

05:00 起床 ― 09:30 扇沢出発 ― 10:30 ベンチ ― 14:30 JPテン場

佐久平で少し飲んで寝る。5時前には明るくなって起きてしまった。寝不足だ。途中コンビニに寄って、9時ころ扇沢の駐車場に到着、準備して9時半出発した。川向うで計画遺書を提出、雪が少ないので、あまり早くアイゼンをつけるな、と言われる。

ベンチまでは完全に雪なし。この少し上から南尾根への道に入る。雪は出てくるがアイゼンがいるほどでもない。尾根に出るとますます雪はなく、ほぼ木の根と泥と岩の道となる。JP直下半Pほど、アイゼン着用で雪の上を歩いた。

JP付近、先客がかなり多く、コルから少し上がったちょっとした平坦地にテントを張る。

2日目 5月4日

05:10 テン場 ― 06:30 爺ケ岳南峰 ― 09:00 冷池小屋 ― 10:12 布引岳 ― 11:13 鹿島槍ヶ岳南峰 ― 13:00 冷池小屋 ― 15:30爺ケ岳南峰 ― 16:30:テン場

4時半出発を目指すも少し遅れる。アイゼンをつけて出発したが、30分ほどで雪はなくなる。石や木の根がごろごろして歩きづらい。それに昨日言われた通り、植物を痛めるだろう。爺ケ岳南峰直下でようやく雪の上を歩くことができた。

爺ケ岳に登ると、360度の眺望。剣が間近に見える。

ここからは、トラバース気味になるが、上り下りが多く、雪もでたりでなかったりで歩きづらい。アイゼンを外したが、判断の難しいところだ。

冷池で休憩、トイレ。鹿島槍を目指す。11時過ぎに鹿島槍着。写真を撮ったり展望を楽しんだり、ゆっくりして下山にかかる。

13時ころ冷池小屋に戻りビールを買う人は買ってテン場を目指す。この先は疲れている体にはきつい。テン場着は16時半。11時間を超える行動となった。

3日目 5月5日

05:50 テン場 ― 08:40 ベンチ ― 09:25 駐車場

下山だけなのでゆっくり起床かな、と思ったが、渋滞を警戒して早めの出発とする。途中、なんとなく雪をたどりたい思いからか、かなり大きく右にずれ、大トラバースで稜線に戻った。赤布について行ったら、直にベンチのところに出た。

下りついた川岸のテントには係員がいなかったので下山の報告はしなかった。

(報告者 S)

[ 山行記録の一覧に戻る ]